辺野古の動き

しばらく、沖縄を離れていましたが、
沖縄がいまどうなっているのか、
辺野古にむかって出航した、
自衛隊の母艦’ぶんご’
はどうなのか、
嘉手納基地包囲の人間の鎖は
どうなったか、
とにかく、新聞にも、
人々の話題にも、
もちろんテレビにも
のりませーん。

沖縄にもどり、知りたかった
新聞で半分ぐらい
は知れたかな・・
さて辺野古の情報は少なく、

沖縄における辺野古は本土の
沖縄なんだと思い知らせれました。
でも幸い、テレビでも
6時半のニュースで辺野古のことは
わかります。
いろいろ探して、
http://blog.goo.ne.jp
は動画もあり、よくわかります。

緊張の辺野古の様子、
そこで集う人々の元気
が伝わってきます。
一人でも多くのかたに。
f0059592_1574747.jpg

[PR]
# by tyura_fumi | 2007-05-16 15:08

平和をつくりだす地道な働き、継続!

辺野古で、座りこみのテントが設営され、
ござが数ヶ月ぶりに敷かれました。

地道な平和をつくりだす働きが
継続されています!

カヌー隊も老年者もいっしょに、
海にすべりだす予定です。

辺野古に新基地はいらない、
宜野湾市民は市長選で
県内移設に反対する市長さんを
選びました。

もう、これ以上の基地いらん、と
なんと、やどかりちゃんまでが
応援に。

あわてて、貝じゃなくマジックペンの
ふたをかぶって・・・
f0059592_1885938.jpg

[PR]
# by tyura_fumi | 2007-05-07 18:10

沖縄はごまかされない!

雨の中、
キャンプシュワブを人間の鎖で
包囲しました。
  55年前の今日、沖縄は
サンフランシスコ講和条約でアメリカの
軍政下に置かれました。
屈辱の日。

現在、沖縄に基地負担軽減ではなく、
基地強化、固定化の中の置かれています。

辺野古では実質基地建設
の現況調査が23日より開始されました。
カヌーがで、海を壊そうとする
かれらに
「基地建設より平和の発進を
しよう」と呼びかけています。
日米軍事同盟の強化
と沖縄の基地強化は同じです。
それがここではよく分かります。

ぜひ、あしを運んでください。
f0059592_22372923.jpg

[PR]
# by tyura_fumi | 2007-04-28 22:38

国家の命運を決める教科書

戦後どのように、子どもたちに
過去の戦争のことを学ばせ、
再び、戦争がおこらないように
どう教育するか、
大切な問題である。

ドイツと日本、
この教育の雲泥の差、

今回、沖縄戦のことが
またしても削除された、
「集団自決」

座間味島の生き残りのかたも証言していました、
「軍の命令以外、これだけの人々が殺しあう
なんてありえない
f0059592_2219022.jpg
・・」
「絶対捕虜になるな、女は強姦され、
男は大切なものを切られる、
捕虜になるぐらいなら、自決するようにと
渡された手りゅう弾、
アメリカ軍の上陸後、日本軍より玉砕場に集合するよう
に命令があり、そこで、多数のものが
玉砕した」という
死に切れなかったその方は野山を
逃げ回り、のどが渇き、
川の水を飲もうとしたら、
とても臭い、
そこは玉砕場の真下だとわかった
とおっしゃっていた・・
軍の本質を隠すような、教科書
では再び戦争になる、と
そんなことにならないように、
今回の教科書検定をどうしても
許してはならないと。
「集団自決」を否定する意志、
一方的に基地を押し付ける意志、
オスプレイの配備なんぞ、知らんとしらをきる意志、
全て同根(タイムズ4月6日、朝刊論壇、原田みき子氏)
私たち県民はこれらの沖縄たたきを
決して許してはならない、と。
同感。
日本の人口1%の叫びが
日本の命運をにぎっている
といっても
過言ではない。

本土に届け。
[PR]
# by tyura_fumi | 2007-04-06 22:19

動かぬ基地ーテレビQABより


QABから流れる
辺野古、瀬嵩、嘉陽の
高齢者の声、こえ、声

「生きるのも一回
死ぬのも一回
それならその一回きりの
命をかけて
国家とわたりあうしかない」
「子々孫々に基地など残せない」
・・・・畑で働きながら、
テンプラをあげながら
・・いえでくつろぎながら
一時も新基地建設は
頭から離れない

ほんとにどうしようも
ない問題なのか、
高齢者をここまで
追い込み、人権を踏みにじることが
あるだろうか?
 QABのホーム・ページで本日放送分、動画でみれるらしいです。
みてください。
[PR]
# by tyura_fumi | 2007-04-04 22:48

そうだ、そうだ

中村哲さんのはなしを聞く
「人々の人権を守るため」と空爆で人々
を殺す
「世界平和」のために戦争をするという、
こんな茶番と偽善が長続きするばずは
ない
作業地の上空をさかんにヘリコプターが過ぎていく
我々は地上をうごめくアリのように
ひたすら水路を掘り続ける
彼らは殺すために空を飛び
我々は生きるため
地面をほる
彼らは死をおそれ、我々は生に感謝する
彼らにわからぬ幸せと喜びが地上にある
家族とともにわずかな食べ物を分かつ感謝が
ある・・・・・・・・・・

ようやく完成した水路、
砂漠からよみがえった畑
を見て、
再生する人と自然を実感した

アフガンの上空、イラクの上空を
飛ぶ米兵も地上でいっしょに額に汗
したいばす
なのに・・
すごく当たり前の話を伺い、
安心するが、
しかし、沖縄辺野古の新基地建設
は刻々と迫っているのだ
県知事O.K.名護市長O.K.
f0059592_20213567.jpg

漁協O.K.

現況調査の入札が3月28日と
近づいている

この海を埋め立て
世界の脅威となる新基地建設に
莫大な税金をつぎこむこと
があっていいのでしょうか
もちろん
いやです
[PR]
# by tyura_fumi | 2007-03-24 20:24

   ちがうちがう Part2

テレビを見ていて
すごい違和感
「イラク開戦4年」???
開戦なんて・・
アメリカが一方的に爆撃を始めたんじゃ
なかったんか
アメリカで反戦の意見を持つ人々の見解
「これ以上アメリカ兵に犠牲がでないように」
ばっか
イラクの人々の立場に立とうとする人
のインタビューはなかった
f0059592_711992.jpg


4年まえの3月20日、
総領事館前にいた、
叫んでいた
「イラク攻撃反対」と
しかし、
そんな声は届かず、

そして、いまも攻撃は続き、
イラクにすむ人々、土壌は壊され
ている
いまもその声は
届かない
届けるつもり
があるのかと
自らに問う

自分の中にどこか
遠い国、知らない人々という
意識があるからか、
もし、自分の肉親であれば
こんなんじゃ済まされない

F22が爆音をたて
訓練するたび、「どきっ」
とするけど、それで終わってしまう、
万が一落ちるかもしれないけど、
狙われているわけじゃない

しかし、イラクにすんでいれば
確実に標的、
一日70人がいまも
なくなられているという、
死の恐怖の中で
生きる人々・・
なんとか
人事にならんように・・
自分に言い聞かせ
いきる
[PR]
# by tyura_fumi | 2007-03-22 07:12

ちがう、ちがう

新崎盛輝氏の講演会があり、
ある夜、出かけていった

島ぐるみの運動ー
についての学びであった

戦後、沖縄は米軍制下のもと
におかれ、収容所に人々は隔離され、
解放されたときには
自分たちの田畑、住まい、町
があった地には米軍基地が
出来ていた

その周辺に這い蹲るように
すまざるとえなかった
人々の暮らしがあった、

さらに、米軍は基地を拡張したく
小禄、具志、真和志、安謝
銘苅、伊江村、伊佐浜
の土地を剣と
ブルドーザーで問答無用で
取り上げていった1955年ごろ

米軍弾圧支配下で
人々はそれに
抗議するすべを
もたなかつた

頼るすべをもたぬ
伊江村の阿波根さんたちは
本島でこじき行進を
おこなった

そのころ
琉大生によって読まれた歌
「人間としての声も発せられず
伊江村陳情団を
黙然と見守る」

異民族国家による支配を
許した日本、1952、4・28
基地押し付けに痛みを
感じない日本本土、いまもって

ゴマー二ズム沖縄編(たまたま
昼間入ったパーラで
ぺらぺらめくった小林よしのりの本)
「戦後、沖縄は日本本土より、
はやく、ふっきし、豊かであった」
というくだりがあった
f0059592_1127495.jpg
が、

ちがうちがう
今につづく、基地の重圧を
みても判ると思うが、
沖縄に痛みに
日本人はいまも
鈍感なのだ
[PR]
# by tyura_fumi | 2007-03-19 11:27

えらいこってす

あのジュゴンすむ辺野古の海
を埋め立てようとしている
人たちは
そういう環境を破壊する時には
「アセス法」とう法律で
いろいろ報告すらしいけど、
超法規的に「現況調査」を
するらしいのです、
そしてその任務にあたる
業者を3月28日に
入札するというのです
さらに
国の権限で

県の自治権はどうなっているのでしょう
あの海は県民、ひろく
海を愛する人々
地球のものなのに


先日高知空港で胴体着陸がなされ、
おおくの人々の命が助かったのです

おもわず、感動の涙がでました
ただちに
調査委員会が派遣され
事件の調査がはじまりました

あれっ?と思いました
すごいちがい

’04.8.13に沖縄国際大学に
米軍ヘリが墜落したとき
警察、消防、学校関係者、すべてが
シャットアウトされ、
米軍が黄色いテープで事故現場を
し切り、はいれたのは
かれらの食事提供のピザ屋さん
だけだったのと
大違い

県民は蚊帳のそと
いつも
基地の中でなにがなされ
何を消費し、なにをゴミとし
こんなことは細かいことだけど
「ここはどこのくに?」と
思うことがしばしば

このごろは毎日
F22が空を割らんばかり
に沖縄上空を飛び回っています
知事さんはあちこち
視察に行かれ、
沖縄の現況調査されておられるから
沖縄現況がヨークわかるばず、

いままさに国がしようとしている
現況調査をゆるしてしまったら
辺野古に関して
新基地建設の方向へ行ってしまう

いまこそ、
この島を守ってほしい

この島を守ることが
ひいては米軍再編のはどめとなり
地球規模の米本土防衛の基地強化
を止め、
おおくの人々の命を守ることにつながる
のだから
f0059592_753539.jpg

[PR]
# by tyura_fumi | 2007-03-16 07:09

10日、久間防衛相、来沖

来沖した久間防衛相は
メア在沖米総領事と
南風原町内の某場所で会い、
「普天間移設『早急に』で合意した」

普天間「移設」ではないのです
アメリカ本土への「移設」なら急がなくてはなりません

普天間基地はヘリコプターの基地
なんです
彼らはさも「移設」をするかのように、
辺野古に最新最高の攻撃基地
ジェット戦闘機が離発着できる
滑走路2本を有する、
原子力潜水艦も着岸できる
それだけで完結編の新基地を
造ろうとしているのです

ジュゴンすむ、世界でも透明度において
数少ない大浦湾(辺野古の横の海)を埋め立てて

地域の高齢者はきょうも座っています
2639+1059日目
f0059592_1735739.jpg

[PR]
# by tyura_fumi | 2007-03-12 17:08